自分の実力以上の環境に挑戦するかしないかの判断基準

思考

スキルアップ、能力アップには、それをやらざるを得ない環境に身を置くことが1番の近道ですが、それはすなわち、自分の実力以上の環境に挑戦することになるわけです。

 

ただ、それがあまりにもハードだと、途中で挫折してしまったり、最悪の場合つぶれてしまうリスクもあるわけです(つぶれてしまっては何の意味もない!)

 

とまあ、挑戦というのは、ポジティブな側面が大きい一方で、そういったリスクがあるのです。

 

なので、何かに挑戦する際は、諸々のリスクも踏まえて、事前にしっかり考えるべきです。

 

では、「実力以上の環境に挑戦するかしないか」を判断する際の判断基準としてはどのようなものがあるか、ですが、私の持論としては、「1年以内の期限付きであれば多少不安でも挑戦してOK」だと思っています。

 

理由としては、1年以内であれば困難や辛い経験があったとしてもなんとか乗り切れると思うからです。

 

例えば、数ヶ月の新規プロジェクト参画、1年間の海外留学などが挙げられます。

 

逆に言うと、「終わりのない」「終わりが見えない」期間の挑戦(要は期間が定まっていない挑戦)はリスク大と考えます。

 

とはいえ1年以内に完結できないこともたくさんあると思うので、その場合は他の判断基準で考えるほかありませんが。。

 

以上、自分の実力以上の環境に挑戦するかしないかの判断基準について考えをまとめてみました!

スポンサーリンク
思考
シフトスイッチの自分探しブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました