【経験者が語る】外資系企業と日系企業の文化の違い

思考

こんにちは!シフトスイッチ(@shiftswitch4)です。

 

今回は、私が感じた日系企業と外資系企業の文化の違いについてまとめてみたいと思います!

 

「今は日系企業にいるけど、外資系企業への転職に興味がある!」といった方等の参考になればと思っています~

スポンサーリンク

2つの企業を経験して感じた文化の違い

 

私は某日系企業に在籍しておりますが、仕事の一環で某外資系企業に出向していたことがあります。

 

期間としては1年程度でしたが、日系企業と外資系企業の文化の違い、いわゆるカルチャーショックを感じることが多かったです。

 

特に私の場合、籍をおく日系企業が、誰に聞いても「The日系企業!」と言われそうな会社なので、日系企業と外資系企業の文化の違いをより顕著に感じられたような気がします。笑

 

ではでは、あくまで私の経験としてのお話となりますが、日系企業と外資系企業の文化の違いをまとめてみたいと思います。

 

違い1:外資では自らの意志がかなり重視される

 

まず第一に言えるのが、何をするにも自らの意志がかなり重要視される点だと思います。

 

例えばあるタスクで判断を迫られたとき、それを上司に相談しても「あなたはどうしたいの?」と必ず聞かれます。

 

日系企業でも(特にコンサルとかであれば)同じような感じかと思いますが、外資系ではそれが当然のような環境でした。

 

上司から指示をもらうというよりも、自らの判断で仕事を進める傾向がかなり強いですね。

 

そんな環境なので、必然的に論理的思考力とか説得力とかが鍛えられます。

 

違い2:外資ではチームプレーより個人プレー

 

これは会社による部分もあるかとは思いますが、外資系企業ではチームで頑張るというよりは個々人がそれぞれ頑張るという傾向が強いように感じます。

 

個々人の業務範囲が明確に区切られていることや、少数精鋭体制のためみんな忙しくて助け合える状況にない等、原因は複合的な印象でした。

 

個人プレーが活きる環境は、よく言えば裁量が大きくて、自分の好きなように仕事を進められる魅力がありますが、悪く言えば「誰も助けてくれない」環境とも言え、時に非常にストレスフルです。

 

日系企業ではチームワーク重視で仕事を進めることが多いので、まさに真反対の環境ですね。
※異なる部門間のチームワークは外資系でも日系でも重要です。



違い3:外資では人が入れ替わりまくる

 

私が在籍している日系企業では、異動は2~3年に1回くらいですし、人もあまり辞めません。

 

一方で私が出向していた外資系企業では、ほぼ毎月人が入れ替わっていました。転職等で辞めていく人が多いためです。

 

そのうえ、もともと少数精鋭の側面が強く人が少ない環境ということもあり、人が辞めれば、その空いたポストに人をアサインする必要があり、結果として人が入れ替わりまくります。

 

自分の上司や同僚が次々と入れ替わるので、常に新しい環境への順応を余儀なくされます。この点は慣れていないとそれなりにストレスになります。

 

とはいえ、もともと個人プレー前提の環境なので、周囲の人が変わっても仕事上の大きな影響は少ないです。ただ、やはり上司が変わるとその上司の考え方等を1からくみ取る必要があるので大変ではあります。

 

違い4:外資はやっぱり成果主義

 

最近は日系企業も成果主義の色が強くなってきていますが、外資は問答無用の成果主義です。

 

いくらプロセスを頑張っていても、成果が出ていないと評価されませんし、逆に詰められることもあります(詰めるといっても建設的な内容ですけども)。

 

成果主義で発生する弊害のひとつとしては、業務量が増加しがちという点。

 

というのも、成果が最重要であり、そのプロセスは特に気にされないため、リソースを度外視された状態で仕事が次々に降ってきます。

 

例えば、ある分析レポート(≒成果物)を作る場合、そこに何時間かかるか等のプロセス(リソース)は気にされません。

 

また、成果物の内容が良くないと、いくら期限が近くても抜本的なやり直しが普通に発生します。その結果、多くの残業時間が発生しがちです。

 

「成果に対して妥協しない」と表現すると素晴らしいことなのですが、現実は結構大変な世界です。笑

 

違い5:外資では英語は話せて当たり前

 

これはごく普通の話になるかもしれませんが、外資では英語は話せて当たり前の雰囲気でした。

 

外資には当然、外国人の社員もたくさんいますが、彼らはもちろん日本語なんて話せないので、英語ができないとコミュニケーションができません。

 

日本人だけが参加する会議などは基本的に日本語で行われますが、そこに1人でも外国人が入ってくると即座に英語に切り替わります。最初にその光景を見たときは結構驚きました。笑

 

外資と言っているくらいなので英語力はマストで必要というのは分かりやすいのですが、改めて実感したことなので念のため書きました。笑

 

ちなみに、英語が話せないといけないと言いつつ、流暢に話せる必要はないです。

 

極端に言えば伝えたいことが伝われば良いので、拙くても問題ないのです。実際、私含め、英語が流暢でない方も結構いらっしゃいました。

 

 

以上、日系企業と外資系企業の文化の違いについてまとめてみました。

 

まだしばらく外資系企業で働く予定ですので、また新しい発見などあれば情報更新したいと思います!

スポンサーリンク
思考
シフトスイッチの自分探しブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました