証券外務員一種に素人が一発で合格した勉強法

証券外務員一種

「証券外務員一種試験」

 

金融系のお仕事をされている方でないとまず耳にしたことがない資格試験かとは思いますが、証券を生業にする方々にとっては登竜門となる重要な資格です。

 

かくいう私も、今年取得いたしました。

 

私はIT系の会社員なので、金融業界の知識は素人レベルだったのですが、きちんと勉強を重ね、一発で合格することができました。

 

というわけで、これから受験される方に向けた参考情報として、私の勉強内容をまとめたいと思います!

 

スポンサーリンク

勉強期間、勉強時間

 

勉強に使ったノートに勉強時間などをこまめに記録していたのですが、そこから計算すると、

勉強期間:67日間
総勉強時間:約51時間

となっておりました。

 

勉強期間が67日間とありますが、この間には旅行に行ったり長期出張に行ったりと、実際には勉強できていない期間もあるので、総勉強時間の方が参考になるかもしれません。

 

勉強方法

 

私の勉強方法は以下の通りです。

 

①教材を一通り読む

 

とにかく金融系の内容には疎かったので、月並みですが、専用の教材を買って1から全部読みました。

 

ただ、ちゃんと読むと時間がかかるので流し読みです。ちゃんとした理解は問題集を解くときに身につけようと考えてました。

 

それでも、全て読むだけで合計27時間程度の時間を要してました笑

 

ちなみに使った教材は「うかる! 証券外務員一種 必修テキスト」シリーズです。

②問題集を一通り解く

 

これも月並みですが、問題集を1から全部解きました。ただし、時間がかかることから、メリハリを付けました。

 

具体的には、オプション取引、デリバティブ取引、信用取引はしっかり理解し、それ以外は深く入り込まず問題と答えのセットを暗記する、といった感じです。

 

というのも、証券外務員一種では、オプション取引、デリバティブ取引、信用取引の配点が高く、かつ問題も難しいため、より時間をかける必要があると判断しました。

 

ちなみに使った問題集はこちらのシリーズです(先ほどご紹介したのが「テキスト」でこちらは「問題集」です)。

③YouTubeの専門動画をBGM代わりに聴く

 

上記①と②で勉強を進めていたのですが、意外と時間が足りない!といった感じになったので、勉強時間として利用できそうな通勤時間を勉強に充てることにしました。

 

ただ、勉強と言っても、満員電車で本を広げることはできない状況だったので、耳でできる勉強方法を模索しました。結果としては、上記の通り、YouTubeの専用動画を聴き流す作戦に出ました。

 

これが意外と良くて、机に向かって勉強するより効率が良いのでは?と思ったくらいです笑
※なお、③で使った時間は生活導線上での時間のため総勉強時間には含めてません。

 

ちなみに、お世話になった動画はこちらのシリーズです。

 

まとめ

 

・素人が証券外務員一種に一発合格するために必要な勉強時間は51時間程度。

・勉強方法としては、教材を一通り読み→問題集を一通りやった。

・補強として、通勤時間にYouTubeの専用動画を聴いた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました