クレジットカードが不正利用されてから返金されるまでの流れ

日常生活

何年か前の話になりますが、クレジットカードの不正利用被害にあいました。笑

 

同じような目にあった人のために、発生から請求取り消し、返金完了までの一連の流れをまとめておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Web明細に「ヤフージャパン」という見慣れない文字

 

私は月に数回程度、クレジットカードの明細をチェックしているのですが、ある日、明細上に「ヤフージャパン」という見に覚えなのない項目があることに気付きました。

 

キーワードでググってみたところ、ヤフー公式のページが回答してくれました。

 

「Yahoo! BBやYahoo! JAPANで有料サービスをご利用中で、請求が発生している可能性があります。」

 

とのこと。

 

そんなサービス利用してへん!!

 

そうです、何者かが私のクレジットカードを不正利用していたのです。

 

対処の流れ

 

解決までの流れを以下にまとめます。

 

①クレジットカード会社に電話して不正利用があった旨を連絡

 

カードの裏面に書いてあったクレジットカード会社の番号に電話し、経緯を説明。同時にカードの一時利用停止を依頼しました(←大切)。

 

色々やり取りしましたが、結局、クレジットカード会社からはヤフージャパンに事実確認をするよう促されるだけで、この電話では解決(返金)には至りませんでした。

 

②ヤフージャパンに不正利用があった旨をメール連絡。

 

クレジットカード会社に言われた通り、不正利用が発生している、という事実確認をヤフージャパンに確認することに。

 

早速ヤフージャパンに問い合わせようと思いましたが、電話窓口がない。。

 

私の検索不足かもしれませんが、ヤフージャパンには電話の問い合わせ窓口はないみたいです。

 

しかたがないので問い合わせフォームから問い合わせを実施しました。

 

後日メールで回答があり、不正利用ということで調査を進めていくことになりました。

 
 
これに先立ち、本件についてクレジットカード会社に調査依頼を投げてもらうよう、ヤフージャパンより依頼されました。


③クレジットカード会社に、ヤフージャパンに調査依頼を投げるよう依頼

 

言われるがままに、クレジットカード会社に再度電話。

 

不正利用に係る調査依頼をヤフージャパンにかけてもらうようお願いしました。

 

なんでこのようなたらい回しが発生するのかは分かりませんが、おそらく、ヤフージャパンが不正利用の発生を認めないと、クレジットカード会社は請求取り消し・返金対応が進められないのだと思います。

 

まあ確かにユーザが嘘をついている可能性もありますしね。。

 

④請求取り消し・返金の実施

 

③の電話の翌日にクレジットカード会社から、請求取り消し・返金の実施が確定した旨の連絡がありました。

 

要は事件の解決が確定しました。

 

このとき、他に怪しい請求項目がないかについてヒアリングを受けました。

 

Web明細のうち、クレジットカード会社が不審に思った項目を1つずつ読み上げ、確かに私が使ったものかどうかを答えていく感じです。

 

これには変な緊張感がありましたね。笑

 

後日、無事に請求取り消し・返金処理が完了し、使われてしまっていた金額が戻ってきました。

 

以上で、私のクレジットカード不正利用事件は解決を迎えたわけです。

 

意外と身近なクレカ不正利用

 

こういう事件の被害者がよく言うセリフとしては

 

「まさか私が。。」

 

みたいのがありますが、今回の私がまさにそれでした。笑

 

クレジットカード不正利用って、私たちが思っているより結構身近なんだと気づかされました。

 

そして、クレジットカードの不正利用は、いくら気を付けていても防げない側面もあるので、最低限、定期的なWeb明細チェックを行って、早期発見に努めるのが吉です。

 

早く気づければ、よほどのことがない限り、クレジットカード会社がちゃんと返金してくれます。

 

皆さんはご自身のクレジットカードの利用明細、ちゃんと見ていますか?

 

現場からは以上です。

日常生活
スポンサーリンク
シフトスイッチの自分探しブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました