シフトスイッチの自分探しブログ

IT系社会人がお送りする、とりとめのない雑記ブログ。

【TOEIC】次回試験(第242回)に向けたTOEIC勉強をいつから始めるか悩んでいる件について【900点への道】

こんにちは、シフトスイッチです!
前回のTOEIC(第240回試験)受験後から本日まで、
結局一度もTOEIC勉強には触らずじまいでした。
最初は「試験も終わったしいったん休憩!」という気持ちでしたが、
気付けば2週間が経っておりました。。

この調子だとずるずるといきそうなので、
いったん頭の中を整理して、
いつから勉強に取り掛かるかを検討したいと思います。

次回試験に向けた勉強をいつ始めるかを考える

私の場合、TOEICの目標は900点オーバーですので、
900点を超えた瞬間にTOEICからは足を洗う予定です。
なので、もし前回試験(第240回)の結果が900点超えであれば、
次回試験(第242回)は受験しない方向性です。

なので、前回の試験結果が分かる6/17(月)に
運良く「900点超え!」となっていれば、その時点でTOEIC卒業です笑
逆に言えば、6/16までは、
次回試験に向けた勉強をしても無駄になってしまう可能性があるわけです。

まあこれは毎回の試験で言えることなので、今さら感がありますが、
前々回試験が895点で、かつ前回試験が
「ギリギリ900点超えてるかも」な手応えだったこともあり、
6/17にTOEIC卒業が確定する確率がいつもよりあるのではないかと、
勝手に思っていたりします(根拠なし)。

だからこそ、次回試験に向けた勉強を始めるタイミングが難しい!

結果発表後から勉強を始めるリスク

6/17に出た結果が仮に900点未満だったとして、
その日から勉強を始めるリスクはどの程度あるか考えてみます。

大きく分けて、勉強期間のリスクと休眠期間のリスクの2つがあります。

勉強期間のリスク

言い換えると「勉強期間が確保できそうか」という観点ですが、
次回試験(第242回)は7/28のようですので、
その前日まで勉強できると考えると、
6/17~7/27で41日ほどあります。

実際は41日間毎日勉強!というのは難しく、
実績ベースでいうと70%掛けくらいが勉強可能期間になる感じなので、
41日×70%≒28日程度が勉強期間の最大値になると考えますが、
前回試験時の勉強期間実績が26日間だったので、まあ問題なさそうです。

休眠期間のリスク

どんな学習にも言えることではありますが、
特に英語学習においては、休眠期間(ブレーク)を取ってしまうと、
英語力を戻すのに時間を要します。

仮に次回試験に向けた勉強を6/17から開始する場合、
前回受験時(5/26)から換算して22日間程度が休眠期間となります。
この期間が長いのか短いのかは正直分かりませんが、
まず間違いなく、英語力は落ちていくものと思われます。

そう考えると、6/17よりも前に、
ゆっくりと勉強を開始しておきたいな、とは思いますね。。

ちなみに前回試験(第240回)のときは、
その前の試験(第238回)受験から約1週間後に勉強を再開しております。
その際は1週間の休眠期間でも特に障壁は感じられなかったので、
1週間程度であれば問題なさそうです。

結局、いつから勉強を開始するか

上記2つのリスクを鑑みつつ、
以下の方針でいきたいと思います!

  • 本格的な勉強は、6/17から開始する
  • 6/10~6/16は、助走期間とし、勉強をやんわり開始する
  • 6/17発表の前回結果が900点超の場合、TOEIC卒業とする

 

 

ガンバロウ!