シフトスイッチの自分探しブログ

IT系社会人がお送りする、とりとめのない雑記ブログ。

【TOEIC】第238回TOEICのアビリティーズメジャードが届いた【900点への道】

こんにちは!シフトスイッチです。
第238回TOEIC(3/10試験)の
アビリティーズメジャード(アビメ)が届きました!
ので、内容の分析と勉強方針の見直しを行います!

第238回TOEICのアビメ

さて早速晒します!
画像だと分かりにくいので、エクセルにまとめました。

f:id:shiftswitch:20190407204620p:plain

第238回 アビリティーズメジャード

まずはざっくりとした所感だけど、
リスニングセクションについては、
平均91.2と、9割超えを果たしているので問題なし!と思います。

 

ただ、リーディングセクションについては、
7割代と9割代の2極化!ww
これはよろしくないですね。。

 

ただ、嬉しいのは「⑩文法が理解できる」が9割を超えていること。
今回Part5の勉強を集中的にやりましたが、
その勉強は無駄にはならなかったみたいだぜ\(^o^)/
でも、語彙は相変わらず弱いですねw

 

やはり強化すべきはリーディングですね。
ということで、リーディングのアビメを分析して、
勉強方針を確定させます!

 

リーディングのアビメを分析してみる

今回、アビメを分析していこうと思いましたが、
それを行ううえでは、
アビメの各項目がどういった問題に紐付いているのかを知りてぇんじゃ!
と思ったため、必殺ネットサーフィン。

参考にしたサイト

結果、以下サイトにたどり着きました。
参考にさせていただきます!

gotcha.alc.co.jp

 

上記サイトでは、
アビメの各項目に紐づく設問の特徴と、
パーセンテージを上げるために必要なスキルがまとめられています。

 

なので、当該内容と、
Myアビメでパーセンテージが低い項目とを突き合わせながら、
自身の弱点をあぶり出そうと思います。

 

リーディングセクションのアビメ分析

私のアビメ内容に早川さんの解説を加えた内容が下表の通り。
1番右側が早川さんの解説ですが、これは、
「各項目について、得点が高い場合にどのようなスキルが備わっているか」
を表しています。

f:id:shiftswitch:20190407212213p:plain

リーディングセクションのアビメ分析

例えば、
今回「⑦文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる」
がわりと高得点ですが、
これは「情報を特定する」スキルが備わっていることのようです。

 

もう少し具体的に言えば、
「Part7において、問題文から特定の情報を見つけて解くタイプの設問を
解く力が備わっていて、多く正解できている。」
ということでしょうか。

 

「⑩文法が理解できる」もわりと高得点ですが、
これは読んで字の如く「Part5,6の文法問題に多く正解できている」
ということを表しているようです(そりゃそうだ)。

 

逆に、得点が低くなっている⑥⑧⑨について、

 

まず、「⑨語彙が理解できる」が低いのは、
Part5,6,7の語彙、同義語問題であまり得点できていないことが原因ですね。
要は語彙力ねーよバーカ!って感じですかね。
もちろん改善したいっちゃあしたいんだけど、
語彙の勉強は道のりが果てしないので、いったん無視します!笑

次に、「⑥文書の中の情報をもとに推測できる」について、
これは、抽象的な答えを導く設問で得点できていないことが原因の模様。
文書中からそのまま答えを拾う設問ではなくて、
ある程度考えて解く設問ですね。
そうか、私は問題を解く際にあまり頭を使えていなかったのか。。

 

おそらく、速く解くことに精一杯で、
多少頭を使う設問への対応が雑になっている気がします。
対処方法としては、精読力・速読力を上げて、
余裕を持って解けるようにするしかないのでは?と思いました。

 

最後に、「⑧ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる」について、
これはMPでの正答率が低いことを表していますが、
それもそのはず、今回、SPまででだいぶ時間を使ってしまい、
MPは数問塗り絵したからです。
塗り絵までいかなくても、時間がなくてスピード重視になった設問もありました。

 

多分、SPまでを、予定した時間に終えることができていれば、
MPの正答率はもっと上ったはずです。
そう考えると、やはりこれも、精読力・速読力を上げるしかなさそうです。

 

今後の勉強方針(確定版)

以上の分析をもとにして、
次回TOEIC(5月のやつ)に向けた勉強方針を確定させます!

 

まずは、先日まとめた勉強方針(仮)を再掲!

勉強時間の配分を、
Part7→6割、Part5→3割、他→1割にする

強化Partとして、 
Part7をメイン、Part5をサブにしていましたが、
今回、Part5(の文法)が9割を突破していたことから、
よりPart7に注力してもよいのでは?と思いました。
(語彙問題は捨てる!)

 

鍛えるべきは、Part7をより精度高く、より早く読む力。
そのためには、やはり量をこなすしかない!
ということで、勉強方針は以下のようにします。


■次回TOEICに向けた勉強方針

  • 強化パートはPart7のみ。
  • その他のパートは現状維持を目指す。
  • 勉強時間の割合は、Part7を7割、その他を3割。

 

ガンバロウ!