【TOEIC】通勤時間はPart2の勉強がおすすめです【900点への道】

TOEIC
この記事を書いた人
シフトスイッチ

30代IT系会社員。【略歴】理系院→大手IT企業でSE→マーケター→サービス企画【興味】マーケティング、お金の知識、IT全般【資格】英語系3つ(TOEIC900点含む)、金融系3つ、情報処理技術者系7つ他。

どんな資格試験勉強もそうですが、
スキマ時間の活用って、結構大事ですよね。
特に私のような社会人にとっては、マジ大事!
話変わるけど「マジ」ってつけるだけで語彙力低そうになる!
マジ低そう!

というわけで、TOEICの勉強もスキマ時間を活用しております。
スキマ時間でまず浮かぶのは、通勤時間ですが、
結論から言うと、通勤時間はPart2の勉強が良いと思います!
あ、電車通勤の前提ですけども。

 

まず、通勤時間の電車って結構混んでるので、
本を広げる余裕はないし、そもそも本持ち歩くとかダルい!
ので、基本的にリーディングはしません。
(スマホで読むとかいう猛者います?
 朝から疲れるから、やめよーぜ!笑)

 

というわけで必然的にリスニングになるのですが、
じゃあPart1,2,3,4のどれをやるか。
Part1は写真がないとさすがに厳しいので除外して、
実質Part2,3,4のどれかですよね。

 

ここで基準にしたいのが、の長さ。

Part2は1問がすごく短いけど、Part3と4は長いですよね。
んで、やってみると分かるんですけど、
長いと集中力切れて聴き流し状態になります。

 

私だけ?
Part3とか4を聴いてると、いつの間にかめっちゃ聴き流してます笑
環境音と化しますね。
音楽プレイヤー持ってイヤホンつけて環境音を聴く。
新手の変態かよ。

もちろん(かは分かりませんが)、
聴き流しは勉強としては無意味。やる意味がないです。

 

朝の頭は集中力もまあ低い状態だと思うので、
「最小限の集中力でできるPart」
という意味で、Part2がおすすめですね。

 

お試しあれ!

スポンサーリンク
TOEIC
シフトスイッチの自分探しブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました