【TOEIC】5月のTOEIC(第240回)に向けた勉強方針(仮)の立案【900点への道】

TOEIC

さてさて、そろそろ決めましょうか。
5月のTOEIC(第240回)に向けた勉強方針(仮)を!!

(仮)としているのは、
厳密な勉強方針、戦略立案は、スコアが分からないと、
さらにはアビメが来ないとできないからです。
正論だな!!

 

今回は、先日受けたTOEIC(238回)の手応えから仮方針を決めちゃいます!!

 

スポンサーリンク

先日受けたTOEICの手応えと課題

前回受けた第238回TOEICの受験直後の手応えが、
こちらの記事でまとめておりますが、
まだまだ改善の余地があるなーと思ったのは、

そうですPart7です!

 

前回、前々回も、Part7の勉強にはそれなりに時間をかけましたが、
なかなか成長しない。んで思ったのは、
Part7は中途半端な時間じゃ全然上達しない
ってこと。

 

例えば、前回、前々回におけるPart7の勉強時間は
前回:5.4時間、前々回:8.3時間程度です。
一見多そうに見えますが、
それでもスコアが伸び悩んでるということは、
TOEICの神様に「もっとPart7に時間かけろカス」
と言われているも同然でしょう(?)

 

第240回に向けた勉強方針(仮)の検討

いたってシンプルな結論を先にいいますが、
思いっきりPart7に集中します!!

シ、シンプル!!

 

具体的に、勉強時間のどのくらいの割合をPart7対策にあてるのか、
ですが、これには以下の2つの要素があると思ってます。
①Part7について、どのくらいの勉強時間をかければ上達できそうか
②Part7以外について、どのくらい勉強時間を落としても維持できそうか

 

①について、前回、前々回の状況を振り返ると、
伸ばしたいPartには全勉強時間の約半分を投下すべし
というノウハウが見えてきておりますので、
Part7に全体の5割以上、余裕をもって6割程度の時間をかけてみましょう。

 

②について、これはPartごとに考える必要がありそう。
これまでを振り返りつつ考えると、以下の通りですかね。

 

■どのくらいの勉強量で維持できそうか
Part1&2→最悪触らなくても、直前の大量摂取だけで維持できそう
Part3&4→すきま時間(通勤時間とか)に触るだけで維持できそう
Part5→まだ発展途上のため、継続的な勉強が必要
Part6→Part5に連動して上がる傾向ありのため、あまり触らなくて良さそう

 

というわけで、Part5以外は、優先度落としてもいける気がする(感覚論)。

 

結論

上記を鑑み、第240回に向けた勉強方針(仮)は以下のようにします!

 

勉強時間の配分を、
Part7→6割、Part5→3割、他→1割にする

 

雑な方針だ笑 でもいいんです、このくらいの方が従いやすい笑

 

 

ガンバロウ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました