シフトスイッチの自分探しブログ

IT系社会人がお送りする、とりとめのない雑記ブログ。

【TOEIC】Part7のシングルパッセージ、マルチパッセージの模試 1周完了【900点への道】

さてさて掲題の通り、
本日Part7の模試が全て完了しました!
ので結果を振り返ってみる。

ちなみに使った模試は毎回おなじみこちら。


TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リーディング

 

ではでは、結果を晒すぜ!

f:id:shiftswitch:20190217234655p:plain

Part7模試実施状況(20190217)

まずSPの方ですが、TEST1~3は1月のTOEIC向けに実施した内容で、
TEST4~5が今回分になります。
結果から見てわかるように、正答数全然上ってない!
なんなら下がってね?まあ問題が難しかった、と思います!(やけくそ)


ただ、良い点でいうと、所要時間が短くなってきていますね。
同じくらいの正答数を、より短い所要時間で実現できている、
と考えると、精読力・速読力共に上ってきている証拠なのではないでしょうか(無理やり)。

 

続いてDP/TPについて、こちらもTEST1~3が前回分、4~5が今回分です。
TEST4は平凡な結果なので割愛しますが、
その10日後にあたる今日の結果が素晴らしかった!正答数上った上に、時間も最短!
これはなかなか良い進捗なのではないでしょうか。

 

振り返り

DP/TPについてはこのままでいいとして、
SPについて、振り返ります。

 

実はSPについては今日の模試でヒントを得ることができました。

 

まず今日の模試(TEST5)では、以下2つが敗因となっておりました。
・分からない問題にこだわり必要以上に時間をかけてしまった
・終始飛ばし読みをしてしまった
上記により、時間は超過、正答数も微妙な結果になった気がします。

 

上記から得られたヒントは、
・分からない問題は潔く飛ばさないと大ダメージを受ける
 →これまでは「飛ばした方が良い」のスタンスでしたが、
  今回の模試で、「飛ばさないと死ぬ」というスタンスに変わりました。
・結局頭から全部読んだ方が解きやすい
 
→飛ばし読みをするとスピードは上がりますが、
  設問の罠にハマりやすくなったり、読み直しが増える傾向がありました。

です。

 

しかもこれらは関連していて、頭から全部読むためには、
分からない問題に時間をかけていると無理!
なので、まず第一に、分からない問題は飛ばす(塗り絵)!そして全部読む!
という感じですかね。

 

実際、設問でつっかえなければ、
長文を全部読んでも時間的には大丈夫そうでした(SPの場合に限る)。
なのでつっかえたら飛ばす、が重要ですね(大切なことなので何度も言います)。
でも、高得点を狙おうとするとどうしても執着しちゃいますよね。。

 

ガンバロウ!