TOEIC中級者から見た英検準一級の難易度

英検

2年くらい前にふと「英検受けよう!」となり、
「1級は絶対無理だからまずは準1級で!」という感覚値から、
英検準1級を受けたわけですが、
受験を通して感じた英検準1級の難易度とやらをまとめてみようと思います。

難易度を語るに際して、
そもそも当時の私がどの程度の英語力だったのか、
というのをお伝えしないとぱっとしないかと思いますが、
諸々の記録を突き合わせると、当時はTOEIC700点代後半程度の実力でした。
TOEIC界でいうと中級者って感じですかね。
(ちなみに英検準一級も無事に一発合格しております!)

ですので、この記事で語る難易度は、
TOEIC700点代後半の人が主観で適当にしゃべる難易度、とお考えください。笑

スポンサーリンク

英検準1級各パートの難易度

英検にはREADING、LISTENING、WRITING、SPEAINGの4パートがあるわけですが、
それぞれの難易度を簡単にまとめたいと思います。

英検準1級のREADINGの難易度

難易度は、「高」です。
長文は、TOEICで鍛えたリーディング力があればそこまで苦戦しません。
問題は語彙・文法問題です。TOEICでいうところのPart5です。

まず、知らない単語のオンパレード!
TOEIC界から英検界に来た者が最初に経験する衝撃でしょう笑
とりあえず語彙の強化をしないと歯が立たなかったので、
私の場合は以下の参考書で鍛えまくりました。

英検準1級のLISTENINGの難易度

難易度は、「かなり高」です。
おそらく英検準一級の試験のなかで一番難しいパートだと思います。

出てくる語彙が難しい(というか馴染みが薄い)のはもちろんですが、
なにより困惑したのは「選択肢を選ぶ時間が短い」ということ。
本文を聴く→設問を読む→回答する、というサイクルですが、
回答する、から、次の本文にいく時間が短い!!

考えている時間が、TOEICよりありません。
そしてめちゃくちゃ速読力が求められます。
TOEICでよくある「問題を取りこぼして焦る」が、増し増し状態で襲ってきます笑

とりあえず私は以下の参考書で頑張りました。

英検準1級のWRITINGの難易度

難易度は、「低」です。
英検準1級のWRITINGは、ある程度書く型が決まっているので、
その型を練習してしまえば、
これまで積み上げてきた英語力でどうにかなります。

大学や大学院で英語で論文を書くこともあるかと思いますが、
それができている人であれば、なおさら簡単です。

私の場合、WRITINGにかけた勉強時間は、
他のパートに比べてだいぶ少なかったと記憶しております。

英検準1級のSPEAKINGの難易度

難易度は、「中」です。
ご存知の通り、SPEAKINGだけは二次試験なので別日に行われますが、
私の所感では、
一次試験が合格してから勉強を始めても十分間に合います。

配られたカードのテーマに沿って、即席で作ったストーリーを話すわけですから、
試験そのものは簡単ではありません。
ただ、「採点が甘い」と感じました。なので難易度を中にしています。

私の場合、試験直後は「う~ん、微妙ww」という手応えでしたが、
結果的には、「32点/38点」と、まずまずなスコアが取れてました。

ですので、SPEAKINGでは必要以上に英語が話せる必要はなく、
「必要最低限のことを正確にこなす」ことが重要と感じました。
すごいふわっとした書き方ですみません。。笑

ちなみに私が当時使っていた参考書は以下の通りです。

以上、誠に適当な説明でしたが、いかがだったでしょうか笑
皆さんのお役に立てれば何よりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました