【TOEIC】TOEICの地味だけど高得点につながるコツ 「時計は0時0分スタートで」【900点への道】

TOEIC
この記事を書いた人
シフトスイッチ

30代IT系会社員。【略歴】理系院→大手IT企業でSE→マーケター→サービス企画【興味】マーケティング、お金の知識、IT全般【資格】英語系3つ(TOEIC900点含む)、金融系3つ、情報処理技術者系7つ他。

TOEICのスコアを上げるためには
勉強するしかない!
というクソみたいな当然の話はいったん置いといて、

 

勉強以外の方法で少しでもスコアを上げたい人に送るコツ。
ずばり「時計は0時0分スタートで」です。

 

要は、会場に持参する腕時計は、
試験開始直前に0時0分にして止めておき、
試験開始と同時に動かしましょう。というただそれだけのことです。

 

TOEICで高いスコアをあげるためには、
1秒でも多くの時間を問題を解く時間にあてる必要があります。
「時計は0時0分スタートで」は、
時計を見て残り時間を確認する「タイムロス」を少しでも減らすコツです。

 

単純に、0時0分スタートの方が、
パッと見で残り時間が分かりやすいから。
現在時刻を見て残り時間を計算するより時間を節約できます。

 

意外とやってない人も多そうなので、
プチTipsとしてここにまとめておきますね笑

スポンサーリンク
TOEIC
シフトスイッチの自分探しブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました